中学生男子のストレス

MENU

ワキガの原因がストレスの場合もあります

ワキガの原因の一つにはストレスがたまりすぎていることが原因ともいわれています。今は日本人の多くがストレスを抱えながら生活をしているといわれていますが、ストレスをためる、ストレスを感じてしまうと、それだけで、緊張状態を常に続けていることになり、それがいやな汗をかいたり、ワキガの症状を悪化させるといわれています。日々の生活の中でストレスを感じないようにしたり、ストレスを上手に発散してリラックスすることが出来れば、ワキガの症状も十分に抑えることが出来るのです。何でもいいので自分の好きな趣味やスポーツをするようにするとストレスを発散させることが出来るようになります。リラクゼーションできる時間を1日の中で数分とるだけでも、ストレスを発散することが出来ます。ストレスを常に感じる職場で働いている人は、常にわきの下に汗をかいていて、わきの下に嫌な汗をかき、それが、ワキガの症状を悪化させているということになりますから、ワキガの症状を抑えたい場合にはストレス発散が大切です。家でお風呂にゆっくりと入ることも実はストレス発散につながります。お風呂に入りながら汗をたくさんかいて、最後に冷たい水で毛穴を引き締めるという方法が、ワキガ対策につながるともいわれています。ワキガを解消させたいと思っている人は、お風呂に入ってゆっくりと汗をかいて、毛穴の中に詰まった老廃物をきれいに出した方がいいと思います。それだけでワキガの嫌な症状を抑えることが出来ると思いますのでお勧めです。

肥満注意報

ワキガの原因は色々とあり、直接肥満が原因になっているというわけでもないのですが、ワキガの原因の一つに肥満も挙げられると思います。ワキガの人で、さらに肥満であるという人の場合には、普通のワキガの人と比べると、臭いは普通の人よりも強烈になる可能性があります。肥満の人というのは、太っていることになりますが、皮下脂肪が分厚いです。

体の中で作ったエネルギーを外に排出することがあまりないので、エクリン線から出る汗を大量に書いて、体温を調節しているのです。ですから、肥満の人や太っている人が汗かきなのはそのせいです。ワキガの原因に直接関係しているのは、アポクリン線から出ている汗で、これが細菌や雑菌に分解されることによって臭いがきつくなっています。エクリン線から出る汗の量が多ければ、アポクリン線から出ている汗をさらに広げて臭いを強烈にしてしまう可能性もあります。ですから、肥満の人や太っている人がワキガになっている人の場合には、臭いがかなり強くて、体臭や汗のにおいと混ざってかなり他人に不快な思いをさせる可能性もありますので注意しましょう。汗をそのままに放置しておけば、汗のにおいも臭ってきますから、こまめに拭く、洗い流すなどの気配りも大切で、清潔を保たなくてはいけません。肥満の人がワキガの場合には、普通の状態異常に臭いがきついといわれていますから、人一倍臭いに敏感になって対処する必要があるので、気をつけるようにしましょう。

 

中学生男子のワキガ対策法